2017年7月20日木曜日

土曜は田町文化ストアさんでイベント。

今週末の土曜日は
津山の田町文化ストアさんでイベントです。
https://m.facebook.com/tamachi.bunka.store/?locale2=ja_JP

夕方からの出店になります。
どうやらイベントはかなり豪華な感じ。
楽しみじゃわ。

2017年7月18日火曜日

自分でテキトー古民家リフォーム㊸

古民家リフォームですが
急に二階を作ることに
目覚めました。

面白そうなことにはすぐ飛びつきます。
 二階のスペースです。
広さはだいたい3畳です。
ここは何回か掃除をしているのですが
埃や藁や茅など
かなり汚れています。

ここのスペースを掃除するのも大変でした。
さらに
電気配線は業者の方にしてもらっていたのですが
このスペースを使う予定は
無かったので
電気の線がスペースの真ん中の
腰の位置ぐらいを通ってます。

電気配線をやり直したり
いろいろ大変でした。
正直楽しそうなところに逃げてきたつもりでしたが
結構時間もかかるし
暑くてバテそうでした。


まぁやっとこさ
キレイになったので
床板を貼っていきますが・・・・まずは
木材の調達ですよね。
 ホームセンターで買ってきました。
訳あり品で安かったです。

何も知らない僕たちは
ここで致命的なミスをしていたことに気づきます。

この仕入れてきた材料
実は床材用ではないみたいです。
板と板の間に隙間が出来るようになっています。
溝が出来ている感じじゃな。
壁や天井などに使う材料みたいです。

そうとは知らず、というかホームセンターで
ろくにラベルも見ずに買ってきたのも悪いのですが・・・
そんな僕たちは
「え?何これ・・・隙間が開くが!」
「ほんまじゃなぁ・・・」
「訳あり品ってそういうこと?」
「そんなことないじゃろぅ」
なんて悩んだり
どうにか
隙間が出来ないように小細工してみたり
したのですが
最終的には

もうこれで行こう!

ってことになり
貼って行くのですが
ここでまたもやトラブル
下側の板
何十年前、いやもっと前の板なのか
かなり歪んでます
その影響で
うまく板が噛み合いません

知っている方には
説明はいらないと思いますが
こういった床材などは
オス側とメス側があり
それをはめ込んで並べていきます。



歪みの少ない所では
問題なく入るのですが
下地が良くないと作業がうまく進みません。
僕たちの技術の低さが半分はあると思いますが・・・

それでも板を浮かせながら
入れたり
時には板を壊しながら無理矢理入れたり
一部入れなかったり

こうやって写真で見ると
うまく出来てるように見えます。
なんとか9割方出来たのでここはこれで良しとします。
楽しそうじゃなって思って始めたんですが
大変でした。
この作業が終わった瞬間に
この場で
しばらく寝てました。


先の長い古民家リフォームです。




2017年7月17日月曜日

自分でテキトー古民家リフォーム㊷

古民家リフォームです。
早く終わらせたいんですが・・・
この写真は寝室です。
合板を貼ってる所は空間を埋めたところです。

もともとは
こんな感じになってました。
寝室なので外とあまり繋がっていたくないです。
虫も入ってくるし
風はすごいし。
ここはとりあえずここまでです。

ざっくりでも
終わらせる戦法です。

やっかいなところ
時間のかかるところを
作業して
終わった気になり、満足したいのです。

ということで
次のことをしていきます。
下の写真・・・・壁がないのですが・・
もともとは
壁があったんです。
左側の部分です。
右側は後に漆喰を塗って黒くなってますが、
同じ場所の写真です。

どういうことかというと
ふたりで話し合った結果
中二階みたいなのを作ろうということになりまして
で・・・ここから二階へ上がれるように
壁を壊したということなんです。
完全に思いつきで行動しています。

そのときの気分です。

こんな感じで
階段で上れるようにしたいと思います。

時々
こんな状態の家にほんとに住むのか?
って思う。

2017年7月13日木曜日

自分でテキトー古民家リフォーム㊶

ほんとに適当な
古民家リフォームです。
この扉はトイレの扉です。
仕入れてきた扉を使ったのですが
透明なガラスなんで
中がまる見え。
とりあえず新聞紙で見えなくして使ってました。

こちらはお風呂の扉ですが
こちらも
おなじ仕入れ先からもらってきたものです。


そろそろ
なんとかしないと
お風呂はまだいいのですが
トイレは何となく落ち着きません。


そこで
考えたのが
和紙を貼ること。

和紙を適当な大きさに切って
ランダムに貼りたいと思います。

 和紙はかわいらしい模様の入ったやつにしました。
適当な大きさに切るのにもコツがあり
切りたい所を水で濡らすとええ感じにケバケバに切れます。
とお店の人に聞きましたので
試してみました。

 水で濡らして
 手で裂いていくと
ええ感じに切れます。
簡単です。
いきなり完成の写真ですが
スプレーのりで適当に
貼るだけです。


うまく仕上がりました。
葉っぱや茎などが飛び出てたりして
かわいいです。


少しずつですが
着実に完成へと近づいております



2017年7月11日火曜日

自分でテキトー古民家リフォーム㊵

7月の初めから住み始めています。
ただ全く完成しておりません。
とりあえず住むために
台所を使えるようにします。
今回は換気扇。

排気をどうするか悩みましたが
やはり壁に穴を開けるしかないな
ということで
円を描いてドリルで穴を開け
ハンマーでたたいたりして
なんとか開きました。
穴を開けた衝撃で土壁が落ちたりしましたが
土壁は慣れたものです。
すぐ補修します。

ダクトはホームセンターに売っているものです。
本体はすでに付いた状態です。
あとはダクトを付けるだけ。
完成です。

やったことのない作業というのは
やるまでは出来る気がしないです。
まぁそれは当たり前なんですが。
ただやってみると
素人仕事ですがなんとか出来るもんです。

古民家リフォームをすることで
普段絶対しないことをすることになり
たくさんのことを経験させてもらっています。

漆喰を塗ったり
古色を作ったり
屋根の骨組みの縄を縛ったり
コンクリートブロックを積み上げたり
タイルを貼ったり


古民家リフォームは
なかなか楽しいです。






2017年7月9日日曜日

猫飼い始めました。

引っ越しをしたその日に
子猫を飼い始めました。

「こまり」といいます。
よろしくおねがいします。
子猫なんで寝てばっかりです。


掛け布団が気に入ってしまい
こまり専用の布団になってしまいました。

ときどきこまりネタをアップするかもしれません。
よろしくお願いします。





今年もカスタムカルチャーパーティに出店します。
日時は
8/26・27日
お店は27日だけですのでよろしくお願いします。

2017年6月30日金曜日

自分でテキトー古民家リフォーム㊴

明日から古民家のほうで暮らすことになりました。
母屋のほうはまだリフォームが終わっていないので
とりあえず離れで生活します。

しかし
トイレ・風呂・台所は母屋にしかありませんので
その3カ所を最優先に仕上げていきます。


まず
トイレにライトをつけます。
ローゼットの所までは電気工事をしてもらっていたので
あとはライトまでを付けるだけ。
トイレは
個性的な被せ切子の電傘にしました。
この電傘は個性が強すぎて
使う所を選びますね。


電気を点けるとこんな感じに
光が透けて
とても感じがいいです。

トイレはこんなもんでとりあえずは使えます。
 次に台所
 台所の問題点の
壁と天井?屋根裏?との隙間問題
この隙間の向こう側は外なので
冬はかなり寒いと思います。

夏は虫が入り放題です。

隙間に板を嵌めていきます。
思いの外ぴったりに出来ました。

 でも隙間はどうしても出来るので

 紙粘土で隙間を埋めました。

台所が出来てきました。
ガスコンロの上に置いてあるのは
レンジフードです。
ヤフオクで買いました。
次はこれを取り付けたいと思います。